金利はすべての
バロメーター



キャッシング基礎知識
[金利=最重要]


今回の「改正貸金業法」で出資法での上限金利29.8%の適用がなくなり利息制限法の上限金利20.0%が適用となります。

貸金元本が10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%を上限とする利息制限法での貸付義務が明確化されました。

これまで罰則規定が曖昧でしたが、この改正により利息制限法と出資法の上限金利の間で貸付けると貸金業法の法令違反で行政処分の対象となります。

法改正では、借入可能額が年収の3分の1に規制されたことなど借入れ基準が厳しくなったことでその弱みに付け込んで高利で貸付けようとするヤミ金の活動が活発化してきています。

こうした闇の悪徳金融業者が皆さんを密かに狙っています。この様な法外な金利で借入れした場合、まず返済は不可能に近いでしょう。

また、僅かな金利差でも月々の返済額や総返済額が大きく違ってきます。貸して貰えるからと言って金利のことを考えずに無闇に借り入れするのはヤメましょう!

戻る


キャッシングの手続きについて
ローンシュミレーション
気になる返済方法いろいろ
返済方式について
おまとめローンについて
金融ブラックについて
借り過ぎない為の注意事項
金融トラブル相談窓口

お問い合わせ
(C)金利は全てのバロメーター